屋根や壁の塗装メンテナンスで住まいは
キレイで長持ち!
早めの塗装で補修費の軽減が可能です。

屋根塗装:「雪止め」を塗装するのは「まちがい」です!

屋根塗装の際、「雪止め」まで塗装する業者が多数おりますが、雪止め塗装は「誤った塗装方法」です。

雪止め部分の水キレが悪くなって、経年劣化で「屋根が錆びる原因」となります。

 

屋根塗装の際は「雪止めをすべて外して塗装する」が正しい塗装方法です。

雪止めは「新しいものに交換する」のが最善です。

雪止めをすべて外した状態で屋根塗装します。

 

塗装が乾燥してから新しい雪止めを取り付けます。

 

アングル式の雪止めも屋根と一緒に塗装する業者が多数おりますが、これも「誤った塗装方法」です。

アングルを浮かせると「屋根と受け金物が接触している部分」は塗装されていないので「錆」が出ています。

 

「受け金物」は外すことはできませんが、「アングル」は外すことができます。

「アングルを外した状態」で屋根を塗装するのが「正しい塗装方法」です。

アングルは「新しいものに交換する」のが最善です。

アングルを外して、受け金物を少し浮かせて「屋根」を塗装します。

 

塗装が乾燥してから、新しいアングルを取り付けます。新しいアングルは塗装しません。

 

屋根塗装は「洗って塗るだけ」のお粗末施工が多いのが現状です。

「雪止めが付いていれば、一緒に塗ってしまう」が一般的に思われていますが、実は、屋根の耐久性を損ねることなのです。

 

「雪止め」を「屋根と一緒に塗装すること」は誤った屋根塗装です。

弊社はすべての屋根塗装に雪止め交換をオススメしています。(雪止め塗装は行っておりません)

「耐久性を伸ばす屋根塗装」「安心できる屋根塗装」を探求しております。