屋根や壁の塗装メンテナンスで住まいは
キレイで長持ち!
早めの塗装で補修費の軽減が可能です。

屋根塗装の真実!「錆汁」は安易な屋根塗装が引き起こす「不具合」です。

横葺き板金屋根に見られる「錆汁」ですが、「塗装を行った屋根」に非常に多く発生していることをご存知ですか?

 

「新しい板金の塗装:製造時の塗装」と「改修の塗装:現場塗装」には、塗料の特性に大きな差があります。

 

それは「ハゼ:板金の合わせ目」に溜まる「水」に対する特性です。

屋根の耐久性に大きな影響があることなのですが、この特性を把握している塗装業者は多くありません。

つまり、多くの屋根塗装が「錆汁」を発生しやすくする施工を行っていることになります。

 

まずは、築年数20年程度の屋根(屋根の塗装歴はありません)の写真をご覧ください。

雨上がりに、ハゼに入った水が屋根の左右方向で低い部分から溢れている様子です。

新築時の塗装は劣化してガルバリウム素地が露出していますが「錆汁」の発生はありません。

板金製造時の塗装は「ポリエステル系焼付け塗装」が多いのですが、この塗装はハゼに溜まった水で「劣化」や「不具合」を起こしづらいのです。

 

しかし、このまま放置すると美観が悪いばかりでなく、全体の錆発生につながるので「屋根塗装」の必要があります。

 

 

次に錆汁を発生した屋根の写真をご覧ください。

ハゼ部分だけ「塗装の剥がれ」「錆の発生」が見られます。

改修用の屋根塗料(ウレタン、シリコン、フッ素、無機まですべてのグレード共通)は、ハゼに溜まった水によって「軟化」「変色」などの劣化を起こし、やがて「部分的な剥がれ」を起こします。

 

改修塗装に使用する塗料は「ハゼに溜まった水に対する抵抗力」が低いのです。

剥がれを起こすと水キレがさらに悪くなって「錆発生」を招き、錆汁発生へとつながります。

この点が「焼付け塗装」と「現場塗装」の差なのですが知識として把握している業者は非常に少ないと思います。

 

 

「横葺き屋根のハゼ」は左右方向で低い部分から水があふれるので、錆汁部分はいつも雨水がたまる部分なのです。塗装の傷みも著しく進行しますが、「高温の夏場」に「塗装が傷むこと」はあまり知られておりません。

表面に目立った錆発生はないのに、錆汁の部分だけが極端に劣化しているのがお分かり頂けると思います。屋根塗装は「冬に傷む」と思われがちですが、ハゼの劣化は「高温の夏場」に塗料が軟化して発生しています。

 

では「屋根塗装などしないほうが良いのでは?」となりますが、「美観の維持」と「表面の保護」のためには「屋根塗装」が必要です。

 

弊社では、塗料の特性を理解して、「ハゼ起こし」という下地処理によって「ハゼの形状を改善する屋根塗装」を行っております。

「ハゼ起こし」はハゼの隙間を広げて水キレを良く改善します。またハゼ奥まで塗装を可能にします。

塗装前、横葺き屋根のハゼはつぶれた形状をしています。ツカミという板金工事用の工具で隙間を広げます。

 

「ハゼ起こし」を行った屋根に雨が降った写真(3枚)をご覧ください。

2階の屋根から1階の屋根に落ちた雨水が流れる様子です。「ハゼ起こし」により雨水がハゼをジャンプして流れます。

 

ハゼに雨水が入りにくいことがお分かり頂けると思います。

 

この写真は「下地処理(ハゼ起こし)完了:塗装前」に降った雨ですが、ハゼ奥に雨が入っていないことがわかります。

 

ハゼを起こすと、ハゼに「雨水が溜まりにくく」できるのです。

「ハゼ起こし」によって「ハゼに溜まった水による塗装の劣化:錆汁のリスク」は多くのケースで回避できます。

(錆汁は多くが屋根塗装が原因で起きますが、一部には板金素地特性や構造による錆汁発生のケースもあります)

 

一度も屋根塗装を行っていない屋根は、迷わず弊社におまかせください!

すでに錆汁が出ている屋根は、残念ですが「錆汁再発の恐れ」が高い場合があります。

(まずはご相談ください!)

 

「ハゼ起こし」は屋根塗装の弱点を克服する「最重要な下地処理技術」です。

しかし、会津地域でこの下地処理を実践しているのは弊社のみで、他の業者は全て錆汁を発生しやすい塗装を行っています。(塗装料金を頂いて、施主様の屋根を錆びやすくしているのです)

さらに「錆止め下塗りをしない業者」が多いのですが、「シリコン塗料1回塗り」はガルバリウム鋼板の自己犠牲防錆効果を阻害して「亜鉛の劣化」を促進しますので錆汁のリスクが倍増してしまいます。

 

 

「ハゼ起こし」をすると次に「ハゼの研磨」が必要です。

ハゼを広げるとハゼ奥にはゴミやコケの堆積物があります。これらを専用工具で取り除く必要があります。

工具メーカーの協力で「特注品:ハゼ専用ブラシ」を使用しています。板金素地を傷つけない特殊なブラシです。

 

ハゼ起こしによってハゼ奥のゴミがよく見えます。当然ですがハゼ奥まで清浄な状態に研磨します。

 

「ハゼ起こし」によってハゼ奥まで研磨が可能になり、塗装も可能になります。

「ハゼ起こし」「ハゼの研磨」をしない業者、つまり弊社以外の業者は「ハゼ奥のゴミ」も放置したまま塗装しているので一層「錆汁」のリスクが増えるのです。

 

 

では、ハゼの処理を行う塗装業者がいないのでしょうか?

ハゼの処理には多くの労力を要します。弊社は多人数(3〜6人)施工で下地処理を能率よくこなします。

多人数連携で労力を要する「下地処理」を手際よくこなします。

 

一般的に屋根塗装は1〜2人で2〜3日で施工されることが多いようですが、それでは「下地処理」は行われておりません。

「高圧洗浄」「シリコン1回塗り」だけで行われているケースが多数で、その全てが「錆汁」を発生させやすくしている「塗装業界の恐ろしい現実」です。

「手間がかかる」「費用がかかる」と逃げ口実を並べますが、要するに「正しい知識」や「技術」もなく、一番大事な「仕事に対する向上心」に欠ける「自称:塗装職人」ばかりの業界です。

 

ここまで述べてきたように「横葺き板金屋根の塗装」は「ハゼの処理」が不可欠ですが、ほとんどの業者が「ハゼの処理」を行わずに「錆汁のリスク」を増やす屋根塗装を行っています。

「一般的な屋根塗装」は「大きな間違いを犯している塗装方法」なのです。

 

弊社は、長年にわたる探求心の末「最善の横葺き板金屋根塗装方法」にたどり着きました。またこれからもさらなる改善をしてまいります。

弊社が平成21年に施工させていただいた屋根ですが、ツヤは半ツヤ程度に落ちましたが10年経過しても目立った不具合は発生しておりません。「下地処理」によって塗装の耐久性は飛躍的に伸ばすことが可能なのです。(塗料:2液シリコン3回塗り)

 

今年(令和元年)施工させていただいた屋根ですが、ハゼが起きた状態に改善してハゼ奥まで丁寧に仕上げた施工例です。

 

「下地処理」は費用も発生します。できるだけ低価格での提供を心がけておりますが、「下地処理を行わない業者:高圧洗浄、シリコン1回塗りだけの業者」に比べて少し割増しのケースが多いようです。

 

しかし、屋根は建物を守る最重要部分なので「長期耐久性を重視」して「安心できる屋根塗装」に取り組んでおります。

見積、相談は無料で承ります。まずはお気軽にご相談ください!