屋根や壁の塗装メンテナンスで住まいは
キレイで長持ち!
早めの塗装で補修費の軽減が可能です。

施工技術で「屋根塗装の耐久性」はここまで差が出ます。

上の写真は他社による、一般的な「高圧水洗浄」「シリコン塗装1回塗り」で施工され、10年経過した屋根です。

 

屋根塗装は「どこでも同じ」と思っていませんか?

「板金横葺き屋根の塗装」は簡単そうですが、実は耐久性を引きだすために「様々な施工技術」が必要です。

ですが、ほとんどの業者が「高圧水洗浄、シリコン塗装」いわゆる「洗って塗るだけ」の「間違った屋根塗装」を行っています。

 

まずは「ガルバリウム鋼板の塗装」についての説明です。

新しい板金にはポリエステル系の焼付け塗装が施されています。この塗装は10年程度で紫外線劣化が始まって徐々にメッキが露出してきます。雨が降ると「ハゼ:合わせ目」に水が溜まります。

「ハゼ:合わせ目」に雨水が溜まりますが、焼付け塗装は雨水によって劣化を起こしません。

 

一方、塗替えに使用される「常温乾燥塗料」はハゼに溜まった水によって「劣化」を起こします。

特に夏場は水温が30℃以上となり、塗料が最も傷みやすくなるのです。

溜まった雨水により、塗装が剥がれて錆が発生します。ハゼ奥に溜まったゴミやコケが一層「水キレ」を悪くしているのです。

ハゼの劣化は塗装してから早期に始まりますが、地上から見上げてもわかりませんし、窓から屋根を覗いても下向きのハゼの状態は見えません。

ほとんどの塗装業者がこのような状態になる「粗末な塗装」を行っています。

この現象は塗料のグレードが変わっても同じです。ウレタン、シリコン、フッ素、無機、すべてのグレードで同じく劣化が起きます。(塗料のグレード:紫外線劣化に耐える期間の長さなのです)

 

では、この劣化を防ぐ方法についての説明です。

「ツカミ」を使ってハゼを起こして隙間を広げます。

ハゼを起こすと「雨水のキレ」が良くなります。また、ハゼ奥まで塗装することが可能になるのです。

雨水がハゼをジャンプするので雨水が入りにくいことがお分かりいただけますね。

「ハゼ起こし」によって水キレが改善されて「常温乾燥塗料の弱点」が克服できます。

 

ハゼを起こすとハゼ奥にゴミやコケが溜まっているのがわかります。(通常の状態では見えません)

ハゼ奥まで専用工具で「清浄な状態」の研磨します。特殊なナイロンブラシなので板金素地を傷めません。

「ハゼ奥」は驚くほどゴミやコケが堆積していますが、この堆積物はハゼを起こさないと見えません。

一般の塗装業者はこれらを取り除かずに「見える部分」だけを塗装しているのです。

 

「ハゼ起こし」「ハゼの研磨」によって「塗装の耐久性が伸びる事」がお分かりいただけたと思います。

しかし、この下地処理を的確に行える塗装業者は多くありません。おそらく会津地域では根本塗装店だけです。

 

塗装業界の技術レベルが著しく低下しています。

市場競争が激しくなって、ずさんな仕事で利益を上げようとする業者が圧倒的に多いため、下地処理にこだわってまで品質向上を目指す業者がいないことが実情だと思います。

 

「ハゼ起こし」「ハゼの研磨」には多くの労力を要します。

弊社は、コストと工期削減のため、下地処理を「多人数連携」で行っています。

労力を要する下地処理作業は多人数連携によって「高い工事品質で効率よく」行うことが可能です。

 

一般的に「2人で2日程度」の屋根塗装が多いようですが、「洗って塗るだけ1回塗り」の手抜き工事です。

下地処理だけで「4人で1日程度」の労力を要します。また「2回塗り、3回塗り」の耐久性が高い塗装を行えば

下地処理を効率よく行う弊社でも、「一軒あたり10人以上の労力」が必要です。

 

確かに工事金額は少し高くなると思います。が、塗装の目的は「美観と保護」です。

10年後の屋根、どちらがよろしいでしょうか?

 

弊社施工:ハゼ起こし、ハゼの研磨を行って2液シリコン塗料3回塗りで塗装して10年経過した屋根。

 

表面のツヤは半ツヤ程度まで落ちていますが、ハゼの傷みは最少で済んでいます。

今回も再塗装を依頼されましたが、「前回の錆止め下塗り」が有効なので工事金額を安く抑えることが可能です。

 

「傷みを最少に抑える」ことが塗装に求められる最重要課題ではないでしょうか?